薬剤師のこれからはどうなる?

薬剤師転職 > 薬剤師転職~薬剤師の実態について~

薬剤師転職~薬剤師の実態について~

薬剤師は現在様々な場所で活躍をしています。しかし夜勤があるなど仕事内容は大変です。そこで薬剤師が現在どのような局面に置かれているのかについて目を向けていこうと思います。

薬剤師の代表的な職場というと調剤薬局です。調剤薬局で勤務する場合、おおよそ年収400~500万円で、管理薬剤師になると年収600万ほどだとされています。薬剤師に人気の高い職場と言うと病院が挙げられますが、病院薬剤師の年収は調剤薬局と同等か低い傾向にあります。

ドラッグストアは、薬剤師以外の仕事もこなさなくてはならないため、やりがいという部分では他よりも引けをとりますが、年収でいう400~700万円が相場であるため、収入の面では満足している方が多いようです。

しかし、ドラックストアは販売者制度の導入により薬剤師の必要性はなくなりつつあるため薬剤師の収入も低下しています。製薬会社に勤務すると年収1000万円を超えることは可能だとされています。実力や経験次第で大幅な年収アップも夢ではありません。
製薬企業への転職、薬剤師の現状

では、薬剤師の仕事と実態について見ていきましょう。薬剤師は薬を扱うわけですからミスは許されません。しかし薬剤師も人間ですからミスをすることはあります。どのようなミスが起こりうるのでしょうか。

主なミスとして調剤ミスが挙げられます。調剤ミスとは薬の調剤を誤って患者さんに健康被害が出ることを言います。このようなミスが発生した場合、薬剤師は処分を受けることになります。処分の程度はどのようにして決まるのか説明します。

患者さんが死亡あるいは重篤な後遺症を残してしまった場合は薬剤師の資格停止数ヶ月から一年程度という処分を受けます。驚くことに薬剤師の資格剥奪はありません。また患者さんが入院を必要とする健康被害を引き起こした場合は前述したような処分を受けます。

しかしながら元通りの生活ができるまでに回復をしていた場合は処分が少しだけ軽くなります。患者さんが服用前に気づいていた場合は薬剤師に何の処分も与えられません。

あまり知られていませんが薬局の薬剤師の在宅訪問というものが近年始まっています。 高齢者が増え、病院まで足を運ぶのが難しい患者さんのために薬剤師が自宅に訪問し、服薬指導などを行うと言うものです。このように、薬剤師は今後も様々な場所で活躍が期待されているのです。

薬剤師になるまでの過程

薬剤師になるためには薬学部を卒業しなければいけません。薬学部を卒業することで薬剤師の国家試験の受験資格を得ることができます。多くの薬剤師志望者は6年制の薬学部がある私立大あるいは国立大に行くことになります。

昔は4年制でしたがここ最近、6年制になりました。まだ4年制の大学もありその場合には大学卒業後に大学院に進学することで薬剤師の国家試験受験資格を得ることが出来ます。とはいっても薬学部はやはりレベルが高いです。平均偏差値は60以上がほとんどです。ちなみに最も高いのは京都大学で72です。

薬学部では具体的にどのようなことを学ぶのか説明します。名前からわかるように薬のことについて学びます。特に薬の活用方法について学ぶようです。しかし薬は何千種類もあるわけですからかなり大変ということが容易に想像できます。

この薬を服用したら身体にどのような症状が出るのかどういった効果が得られるのかといったように様々な観点から薬について学びます。

もちろん薬を服用するのは人間ですから人間の身体の構造についても学ぶ必要があります。消化器系や循環器・リンパ管系、脳・神経、呼吸器、内分泌系、筋・骨格系、生殖器系、感覚器系といったように多岐にわたります。

人間の身体はかなり複雑で巧妙です。ですから人間の身体を理解することもかなり大変です。薬を実際に作り、身体にどのような効果を及ぼすのかといった実験も行います。これはどのような疾患にどんな薬が効果を発揮するのかということを学び実際に見ることで知識が定着するのです。

ということはもちろん疾患についても知識がなければいけません。どのような疾患があるのかそしてその疾患に効果をもたらす薬は何かといった知識です。かなり膨大な知識量が要求されます。

このようにかなり大変な薬学部を卒業するとようやく薬剤師の国家試験を受験することができます。この国家試験は難しいとは言え毎年合格率は80%を超えます。それだけ薬剤師になりたいという気持ちが強いということがデータからも読み取ることができます。